任意売却 任意売却事例

任意売却について

 自殺があった戸建の任意売却
会社の資金繰りに困りご主人が自殺され、ご家族で任意売却することを選択されました。会社の清算や相続放棄手続きなどは弁護士等に依頼。価格を下げざるを得ないため、各金融機関には抵当権・差押えなどを個別に説明・交渉し解除に応じてもらいました。
購入者も事情を理解のうえで売却成立となりました。
 身内の買取による任意売却
ボーナスのカットによりローンの支払いが滞り任意売却を検討することになりましたが、家族数が多く、ご高齢のお母様もいらっしゃったため、引っ越し先を探すことが困難でした。そこで、親戚の方に買い取っていただくことを提案しました。銀行には住宅ローンの借入を了承してもらい、債権者にも状況を理解いただきご親族内での買取が成立。ご家族は親戚から借りる形で住み続けています。  任意売却を回避
10年前に給与が下がり、住宅ローンを支払うことが出来ないと相談がありました。家計の状況を教えていただき収入と支出のバランスをファイナンシャルプランナーへ相談。奥様がパートで働くなどの対策をして、任意売却を回避し、住み続けることができました。 前のページへ 次のページへ

株式会社HGCエステート



会社概要
スタッフ紹介

株式会社HGC住宅販売


会社概要
スタッフ紹介
マンション

一戸建て

売り土地

事業用

収益物件